スポンサードリンク

2017年08月22日

高知大講師と学生が地元作物でウイスキー作り、初の純国産ウイスキーで町おこしになるか

純国産ウイスキーを作るらしい。

本日の毎日新聞の夕刊に「地元作物でウイスキー」の記事が載っていました。

高知大農林海洋科学部の浜田和利講師と学生らが高知県大豊町で栽培するトウモロコシ「地キビ」と大麦の地元作物だけを原料にしたウイスキーの醸造を始めたそうです。
国産ウイスキーはほとんどが輸入した大麦やトウモロコシが原料だそう。

浜田さんは2014年、フィールドワークで地キビと出会い、学生と共に同町の耕作放棄地で栽培を始めました。
これを原料に翌年、焼酎を作ったのを機にウイスキーも計画し、16年にはウイスキーづくりに欠かせない麦芽の原料となる大麦も栽培をスタート。
今年6月までに収穫した大麦のうち550キロと、昨冬までに収穫した地キビ約500キロを原料に、県内の酒造会社に委託して試験醸造にこぎ着けたそうです。
早ければ来夏にも誕生する予定だそうです。

栽培を手伝う地元の方は、「若い人が着て集落に活気が出た。現金収入にもなる。」と笑顔。
こういった取り組みが「町おこし」につながっていくといいですね。

純国産ウイスキーを作るって夢もあるし、農学部って楽しそう。
地方の大学においては、そうやって一緒に地元を盛り上げてくれると嬉しいですね。
純国産ウイスキー」が出来たら是非飲んでみたいものです・・・って、私アルコールきわめて弱いですけどね。


posted by 花野菜 at 00:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

800年前に京都でオーロラが見えたことがあったらしい

京都でオーロラが見えた!!
と言っても800年前の話だそうですが・・・

毎日新聞で見つけた記事。
 平安・鎌倉時代の歌人、藤原定家(1162年〜1241年)が日記「明月記」に書き残した「赤気」という現象は、太陽の異常な活発化によって京都の夜空に連続して現れたオーロラだった可能性が高いと、国立極地研究所や国文学研究資料館などのチームが米地球物理学連合の学術誌に発表した。連続したオーロラ観測記録としては国内最古という。明月記には、1204年2〜3月にかけ、定家は「山の向こうに起きた火事のようで、重ね重ね恐ろしい」と買い残している。〜〜〜〜〜片岡龍峰・極地研准教授らのチームが過去2000年の地磁気の軸の傾きを計算した結果、北米大陸方向に傾いている現在の軸が1200年頃には日本列島側へ傾き、オーロラが最も出現しやすい時期だったことが分かった。

また、チームは中国の歴史書「宋史」の同2月の記録に「太陽の中に黒点があり、ナツメのように大きい」」と書かれているのに着目。太陽の活動が活発化するとオーロラが発生しやすくなるといい、屋久杉などの年輪に残る太陽活動の痕跡と、照合し、オーロラが観測された年と太陽活動が活発だった年がほぼ一致したという。

今になってわかること、当時の人には恐ろしかったに違いないですよね。「天変地異の前触れか!!」なんて騒ぎになったかもしれません。

30年ほど前かと思うんだけど、札幌でもオーロラが見えたことがあったらしい。東の空がグリーンに輝いてきれいだったという、新聞の読者欄で読んだことがあります。私は当時札幌に住んでいましたので・・
その年は、北海道各地でオーロラの目撃者がいて、太陽活動が活発だったんですね。

一度本物のオーロラを見るのが今の私の願いです。後はオーロラツアーに行くお金だけ〜〜!!

posted by 花野菜 at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

「老後の安心はわが子よりお金」子との同居が安心につながらないのはどこの国も同じのようで・・

「老後の安心 わが子よりお金」という記事が毎日新聞に載っていました。

記事の内容は
日米中印 名古屋大学が調査
 老後を支えてくれるのは、子供よりお金
名古屋大の角谷快彦特任准教授(医療経済学)が、日本、米国、中国、インドの4か国で行われた老後の不安に関する意識調査から、日本人は家族や持ち家よりも金融資産や年金を重視する傾向があるとの分析結果を米学術誌に発表した。
 国際調査は、国の資金援助を受けた大阪大の「グローバルCOE(卓越した拠点)プログラム」が実施したアンケートを利用。
40歳以上の約5000人(うち日本人は2500人)の意見を分析した。
 その結果、日本では▽貯金など所有する金融資産が大きい▽生活費に占める年金の割合が高い▽年齢が高い▽運動する習慣がある・・・・ほど、老後の不安が減るとされた。
金融試算は米国も同様で物価が安定している国での安心材料になっているとみられる。日本で年金や年齢が不安を減らすは、高齢者が社会保障制度の恩恵を比較的感じているからと考えられるという。
 一方、子供との同居▽持ち家がある事▽学歴の高さ・・・は、不安を減らしてくれないとの結果だった。子との同居が安心につながらないのは、4か国共通。
 角谷准教授は「不安が大きいと、将来に備えて貯蓄を過剰なまでに積み上げてしまい、経済にの悪影響を与える。年金など社会保障制度の果たす役割は非常に重要だ」と指摘する。
というものです。

どこの国の親たちも子は当てにならない!と思っているんですね。確かに子は子で自分たちの生活で精いっぱい。
自分の老後は自分で何とかしないと、特に今の若い人たちは年金の恩恵を今の老人たちのように受けられるとは思えないので・・しかも日本の厚労省のありさまを見ていたら「国のやること、言うこと信じられない」と思っても仕方ないですね。
最近会う若い方たちは、会社に勤めながらもう一つの収入源を持っている・探している人が多いです。株であったり、アフィリエイトであったり、ネットワークビジネスだったり、本業に影響を及ぼさないでできる仕事です。
いつ仕事が出来なくなるかもわからない、例えば病気をしたり、けがをした時、働けなくても収入が入ってくるように・・」昨日会った、20代の青年の話。しっかり将来のことも考えていますね。

一昨日会った年配の女性の話、「今の若い人たちは保育園に預けて自分で子供の面倒を見ない!自分が贅沢をしたいからって、自分の子供の面倒ぐらい自分で見ればいいのに!!」
今の若い人たちの現状を知らない裕福なご婦人の若者批判。いかがなものかと思います。
将来もらえるかもわからない年金を、苦しい生活の中からせっせと納めています。それは、今のお年寄りたちに払われています。
もっと若い人たちに感謝する気持ちがあってもいいのではないかな・・と、中年のおばちゃんは思いました。

posted by 花野菜 at 01:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

毎日新聞の記事「年金格差広がる マクロスライド適用遅れ 厚生労働省試算」世代間格差が大きくて若い人は大変ね

年金格差広がる マクロスライド適用遅れ 厚生労働省試算」という記事が載っていました。

納めた年金の保険料に対し、生涯で受け取れる年金額を世代ごとに試算した結果、厚生年金では、1945年生まれで今年70歳の人は保険料の5.2倍の年金を受け取れる見通しなのだそうです。
2009年の前回試算の4.7倍を上回りました。

30歳(1985年生まれ)以下では前回と同じ2.3倍で、世代間格差が広がったそうです。
厚生労働省によると、厚生年金では、70歳では保険料負担額1000万円に対し、生涯の給付は夫婦2人で総額5200万円に上るそうです。
一方、30歳は2900万円の負担で給付は6800万円
国民年金の場合、70歳は負担の3.8倍を受給できるが、40歳(1975年生まれ)だと、1.5倍にとどまったそうです。
前回の試算ではそれぞれ3.4倍と1.5倍だったそうです。

少子高齢化に応じて年金給付を抑制する「マクロ経済スライド」の仕組みがでデフレでは実施できず、15年度まで遅れたことが影響したそうです。

ふ〜〜ん・・若い人たちにはなかなか大変な数字ですね。
今までのように年金は当てにできなませんね。
国民年金の場合、掛けてない若い人も多いようですが、自ら選んでかけてない人より、掛けたくてもかけられない、収入が低い若い人が多いのも事実です。
結局、今無理して年金を払うより、将来は生活保護を受けたほうがゆとりがある・・と考える人もいるようです。
これも問題やな〜・・


posted by 花野菜 at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

アトピー、通年性鼻炎、花粉症に有効なL−92乳酸菌に新たな研究成果!8週間で成人のアトピーにも効果を実証と口コミで評判

環境・生活習慣型アレルギーケアフォーラムの新聞記事が、L−92乳酸菌成人アトピーへの有効性データを、花粉症、通年性鼻炎、小児アトピーに続き、発表したと載っていました。
8週間で成人のアトピーにも効果を実証したそうです。

日本では原罪4000万人以上、約3人に1人がアトピー性皮膚炎屋通年性鼻炎、花粉症などをはじめとするアレルギーを持っているそうです。
中でも時期を問わず悩んでいる方が多いアトピー性皮膚炎は、その発症傾向を変化させてきているそうです。
そんな敏感な現代人のカラダのけあに注目の乳酸菌がL−92乳酸菌。
L−92乳酸菌に関しては、様々な学会で研究成果が発表されています。
アレルギー対策のポイントは免疫バランスを整える事だそうです。
アレルギーの発症メカニズムが解明されつつある中、多くの専門家の間で最新のアレルギー対策として注目を集めている乳酸菌が、L−92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL−92株)です。
この特別な乳酸菌は免疫をつかさどるT細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれるのです。

今までに小児のアトピー有効性データは発表されていましたが、最新の発表で成人のアトピーへの有効性データが公開されました。
中等症以上の難治例が多い成人のアトピーに対しても小児アトピー同様の有効性を確認することが出来たことで、ほとんどの年代においてL−92乳酸菌の効果が示されたといえます。

L−92乳酸菌カルピス社アレルケアのサプリメントが有名です。


posted by 花野菜 at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

父の急逝で遺産相続や保険・年金・銀行預金など各種手続きなど大変!

先日父が急逝しました。
今年88歳になるはずでしたが、年寄りにありがちな、モチを喉に詰まらせてのあっけない最後でした。
正月に帰省して会っておいて良かったとつくづく思いました。

モチを好きな父で毎年年末には自分でモチをついていましたが、ここ数年しんどくなってきたようで、同じ敷地内に住む姉が買ってきていました。
さすがに、そろそろ危ないと思った姉が今年に限って買わなかったそうです。
「正月にモチも無い!!」と言って自分で買ってきたようです。
それがあだになりました。
でも、考え方によっては、長患いするわけでもなく、良かったのかもしれません。
死ぬその日まで現役の百姓として働いていました。しかも、若い人も顔負けの働きぶりで、ビニールハウスには収穫間近の作物が残されています。

突然の死というのは周りの人にはそれなりに大変なことですね。
葬儀に関してはもちろんですが、年金や保険、預金など各種手続き、相続に関することなども何からどうしてよいのか・・
葬儀はたまたま加入していた互助会の会館で行うことが出来ました。
割安になったのと、宿泊もできる広い控室もあり、なかなか快適でした。

皮肉なことですが、こんな機会が無ければ親戚一同が集まるということもありません。
その時に、先に両親を亡くしていた従弟がいろいろとアドバイスをしてくれました。
司法書士さんも紹介しようか?と言ってくれました。
そういえば、市役所の前に、司法書士・行政書士の事務所があったな・・と思い出しました。
困ったときは専門家にお願いするのがいいのかもしれませんね。

親が亡くなるって思っていた以上に大変・・

posted by 花野菜 at 01:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

京都天ヶ瀬メモリアル公園 桜下庭園樹木葬で後継ぎの心配がないお墓を、桜の下で眠るのも素敵かも。

京都天ヶ瀬メモリアル公園 桜下庭園樹木葬の広告が最近氣になり始めました。

つい先日親友のお母さんが亡くなりました。ガンが進行していて、1年ほど前から悪い状態だったようですが、今まで頑張りました。
最後の2か月は退院して自宅療養していたそうです。
直接の死因は誤嚥で、喉に詰まらせて亡くなったそうですが、最後まで面倒を見たお父さんはじめ、家族は正直ホッとしたという気持ちもあるそうです。
ですが、覚悟はしていたものの、やはり寂しいというのが本当のところのようです。

友人のお母さんには大変お世話になっていたので、しかも私の母と同い年でもあり、寂しさと同時に「うちも・・・」と複雑です。
そして、自宅で家族に見守られながら亡くなったお母さんは幸せではなかったかと思います。

自分の事を思ったとき、将来はどうなるのか、どうすべきなのか・・いろいろ考えます。
私は離婚していますので、お墓をどうしたらいいのか。
姉は実家のお墓に入ればいいと言ってくれていますが、私は以前からお墓には興味がなく、息子たちにも「お墓はいらないから散骨にして。」と言ってます。
それもいいけど、桜の下で眠る樹木葬もいいかなと最近思い始めました。
「まだまだ心も身体も元気な50〜60代のうちにお墓を準備しませんか。」という広告が氣になり始めています。
posted by 花野菜 at 05:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

高枝切りバサミで庭木の剪定しスッキリ明るく、持っててよかった高枝ばさみ

高枝切りばさみが良い感じです。

先日、我が家の庭木、ヤマボウシの剪定を自己流で行いました。
その日が月1回の剪定ゴミを出す日だったので、午後から庭の草引きや、前々からたまっていた草や枝のごみを出そうと準備していたのですが、門扉横のシンボルツリーになっているヤマボウシの木がうっそうと茂っているのが気になりました。

と、いうのも昨年の秋に剪定をしていなかったので、小枝が伸び放題、その上に春からの新枝が伸び放題。
いつ花が咲いたかも気が付かないような状態でした。
ヤマボウシの花は上に向かって咲くので下から見ても気が付きにくいのです。
2階から見るとか、遠目に見るとか、我が家の場合、少し高くなっている隣の家からのほうがよく見えます。

まあ、そんなんで、毛虫もつきやすいし、とにかく「切ろう!!」と思い立ち、剪定ばさみで手の届くところまで切り、上のほうはいよいよ高枝切りバサミの登場です。
一番長く枝を伸ばして、上のほうまでよく切れました。
うちの高枝切りはさみは3メートル以上に伸びているはず・・

とにかく、切り落としました。枝と枝の間に伸びた小枝もかなり切り刻みました。
おかげでスッキリ見通しが良くなり、夜、街灯の明かりが我が家の門周りを明るく照らしてくれているのに気が付きました。

あ〜〜スッキリした!!

高枝バサミ、高枝切りばさみ持っていて良かったです。

posted by 花野菜 at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂木和哉は鏡のウロコ汚れ、水垢に抜群の効果、レジェンド松下も絶賛。

茂木和哉(もてぎ かずや) 水垢洗剤が良さそうです。

茂木和哉口コミ評判で、数々のテレビ番組などでも紹介されていますが、最近では「月曜から夜ふかし」で、実演販売のレジェンド松下が紹介していました。
私は以前、コジマジック(収納王子 オーケイ小島)が紹介しているのを見ました。

風呂場の鏡のウロコ(くもり汚れ)が気になっていたので、ずっと欲しいと思っていたのですが、買おうと思ったときは売り切れ状態でした。
思い立ったら即行動しないといけませんね・・・

この茂木和哉は、水垢に抜群の効果を発揮する洗浄成分と研磨剤の2つの働きで確実に水垢を落とします。
この配合バランスがこの洗剤のすごいところなのです。
鏡のウロコ汚れだけでなく、洗面所の水垢や鍋やフライパンの底の汚れも取れるんです!!
安全に、しかも簡単に汚れを落とせるのです。
茂木和哉は、肌と同じ弱酸性で、肌への刺激が少なく安心して使えます。

その素晴らしさは(テレビで見ただけですが)、まさに目からウロコ!
鏡のウロコだけでなく、目のウロコも取っちゃいました!!

楽天ヤフーショッピングで調べてみたけど、番組の影響もあるのかほとんど売り切れ状態の人気ぶりです。
次はいつ入荷するのか、待ち遠しいです。

posted by 花野菜 at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

ごまくりあシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分のみ使用、髪と地肌の質を根本から高めると評判

ごまくりあシャンプーが良さそうなのです。
(株)ゆい の100%アミノ酸系ゴマのシャンプーです。

昨日もごま関連の商品を紹介しましたが、今日はシャンプーです。
一般的なシャンプーに使用されているアルコール系の洗浄成分は一切使用せず、人の肌や髪と同じアミノ酸系の洗浄成分のみを使用しています。
髪や地肌を傷めず、さらにゴマの恵みにより髪に潤いを与えるため、リンスやコンディショナーは不要です。
これ1本で髪本来のツルツルの艶髪に導いてくれます。
もちろんシリコン剤など一切使用していません。

シリコンはケイ素を含む高分子化合物で、化学反応によって作られる完全人工物なのだそうです。
髪に対しての作用は、キューティクルに付着しコーティングすることです。
手触りの向上、ツヤを出すなどの効果があり、コストも安価で作れるうえにダメージヘアなども手軽に手触りを改善できるのでよく使われます。
ですが、髪をコートするだけで髪を補修したり、浸透して保湿するような効果はないそうです。
「ジメチコン」や「シクロメチコン」などという成分名で表示されているようですから、現在使っている製品の成分にシリコンという表示が無くても、配合されていることがあります。

毛穴に詰まると健康な髪の育成を阻害し、細い髪の毛しか生えてこなくなるそうですから、将来薄毛に・・・心配ですね。

天然素材にこだわった、ごまくりあシャンプーは髪と地肌の質を根本から高めたい方におすすめです。

posted by 花野菜 at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク