スポンサードリンク

2015年11月01日

塩野義製薬 インフルエンザを1回で退治する新しいタイプの治療薬の臨床試験(治験)を実施

塩野義製薬新しいタイプのインフルエンザ治療薬の臨床試験を進めているそうです。

毎日新聞に載っていた、「インフル1回で退治
塩野義 新薬18年発売を目指す。という記事です。

ウイルスの増殖を抑える効果があり1回の服用で治療が期待できるという。画期的な新薬を迅速に審査する厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の対象に10月27日に指定され、2018年の発売を目指す
 同社によると。「タミフル」など現在使われる治療薬は、細胞内で増殖したウイルスが外に出ないように働き、増殖自体は抑えられない。症状が現れて24時間以内に投与し、その後も一定期間投与を続ける必要があった。
 開発中の新薬は、ウイルスの増殖に必要な酵素の働きを抑える。
同社は、健康な人を対象に安全性を調べる初期段階の治験を始める。
 インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬は、富山化学工業の「アビガン」が承認されているが、妊婦に副作用があり、新型インフルエンザが流行した時などにのみ使える条件付き。5日間の服用も必要。』という内容の記事です。

いよいよインフルエンザの治療薬といえるものが発売されそうですね。毎年多くの方がインフルエンザに苦しめられており、死亡に至ることもある厄介な病気です。
副作用の無いインフルエンザ治療薬が出来れば多くの人が救われますね。
それと同時に全ての型のインフルエンザを予防できるワクチンが出来るともっといいんですが・・・



posted by 花野菜 at 18:32| 健康 サプリメント 健康器具など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク