スポンサードリンク

2015年10月11日

「骨粗鬆症の早期対策で元気な日々を」毎日新聞 東大医学研究科整形外科教授田中栄先生の記事から

骨粗鬆症の早期対策で元気な日々を」と、毎日新聞に広告が出ていました。

誰でも一度は耳にしながら、症状や治療法など詳しいことはあまり知られていない骨粗鬆症。
国民の10人に1人がかかっているとも言われ、放置しておくと寝たきりになるなど日常生活に深刻な影響を与えるかもしれない病気です。
現在、治療法はどこまで進んでいて、予防するにはどうすればいいのか。
東京大学院医学系研究科 整形外科学教授の田中栄先生のお話が掲載されています。

大きく4つの質問に分かれて載っているのですが、(骨粗鬆症とは? 早期発見のためには? 骨粗しょう症になってしまったら? 予防するには?)
その中で、今日は骨粗鬆症の予防について、紹介します。私も含め、なる前に知っておいた方がいいですから・・

日頃から気を付けることは「大きくは食事と運動。日本人の8割はカルシウムとビタミンD不足。ビタミンDは魚類に多く含まれていますが、太陽に当たることで人体が作ってくれるので適度に屋外で活動を。サプリメントで補うことも必要かもしれない。だからと言って、カルシウムやビタミンDを摂っていればよいというわけでなく、タンパク質などを含めバランスが必要
運動の効果は、骨の強度を高めることと、反射神経を良くして転ばないようにすること。そこでお年寄りにおすすめなのは、プールの中を歩く水中歩行。転んでも骨折しないし、水の抵抗で体への負担がそれほどかからない程度で負荷が加わるため、30分〜1時間で。プールが無理な人は地上で10〜15分でも歩くこと。
骨の強さは遺伝的な要素があるのでおばあさんやお母さんが骨折していたとか、腰がすごく曲がっていたとかの人は早めに検査をした方が良い。年を取って骨が弱くなることは誰でも起こることなので、早いうちから、しっかり栄養を摂り、適切な運動をして骨の強度を上げておくことはとても重要です。介護予防という観点からも自分の状態を正確に把握することが第一歩、一度は骨密度検査を受けてください。」という記事でした。

まだ骨密度の検査を受けたことが無い、60歳以上の人は受けたほうが良さそうですね。


posted by 花野菜 at 15:24| 健康 サプリメント 健康器具など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク