×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

     スポンサードリンク

2012年10月29日

発熱あたたか暖暖シートは太陽光を吸収して発熱、保温、断熱、結露防止のトリプル効果

あったか発熱暖暖シートが良さそうなのです。

テレビショッピングのショップチャンネルで見つけたのですが、保温、断熱、結露防止のトリプル効果で、これからの季節に欲しい省エネグッズです。
窓からの熱損失が大きい季節の必需品で、窓に貼るだけで、特殊発熱フィルムが太陽光を吸収して発熱し(昼のみ)、窓際の冷えをブロックして、部屋を暖かく保つあったか発熱暖暖シートです。

希少であるうえに他からの引き合いもあるため手に入りにくい、発熱材炭化ジルコニウムを配合しているそうです。
太陽光が当たるとシートが暖まり、窓の表面温度を上げるので、寒さを感じがちな窓際にいても体感温度がアップします。
窓際が冷えていると、いくらお部屋を暖めても暖かい熱が窓から逃げてしまいますね。
このシートを窓に貼ると、窓を通じて室外へ暖かい熱が逃げていったり、窓を通して冷気が入ってくるのも抑制してくれます。
日光の当たらない夜間でも約4mmの厚さの空気層の働きが窓ガラスの熱の伝わりを小さくしてくれ、結露抑制にも効果があり、暖房費の節約など省エネ効果も期待できます。

毎年、寒い窓にシートを貼ろうと思っているのですが、貼った後のことなど考えて躊躇していました。
これは水で貼れるため手軽で貼りやすく、はがす時もきれいにはがせ、1度はがしても、水をかければ再び貼り直すことができるそうなのです。

今日良さそうだと思ったのは、窓に貼る、発熱あたたか暖暖シートでした。




posted by 花野菜 at 16:13| 省エネ 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。