スポンサードリンク

2016年04月13日

クチナシの果実に含まれるクロセチンは目に良い成分で、理研ビタミンのクロセチンアイなどのサプリメントにも使用

朝から天気が良くなくて、もうじき雨が降り出しそうです。そういうことなので、今日は庭の手入れはちょっとお休み。

本当は、ホームセンターでレンガか畦用の、あれ、なんていうかわからないのですが、土を止めるのを買いに行って、一気に庭づくりを完成させよう!!と思っていたのですが・・
私の悪い癖で、やり始めると徹底的に!! でも、間を置いてしまうと、しばらくやる気なし!!の状態になってしまいます。 今回もそんな感じになりそう〜〜。

せめて雨が降り出す前に、植木鉢で挿し木にして育っているクチナシを移植しておくことだけはしておこうと思います。
昨年の初夏に、近くの道路の植え込みの手入れをしている業者さんに「どうせ捨てるものだから欲しかったら持って行って!!」と言ってもらい、たくさん部屋に飾って楽しみましたが、そのうちの3本を挿し木にしたら全部育っています。
こちらは八重咲きの、実のならないタイプ。
一昨年は一重のクチナシの種を植えたらたくさん芽が出て育っています。
ずっと実の生るクチナシが欲しかったので、夢が叶いました。(大げさですね〜)

その実の含有成分のクロセチンはクチナシの実に含まれる天然の色素成分です。カロテノイドのひとつでβ-カロテンやルテインの仲間です。 なので、「目に良い成分!!
最近、そんなクロセチンルテインなどのカロテノイド、さらに「ビルベリー」や「カシス」といった厳選された全12種類の健康成分を配合したサプリメント、理研ビタミンのクロセチンアイがパソコンを使う方などに口コミ評判になっています。

庭のクチナシのステキな効果!! クチナシって、良いにおいがして大好きな花です。



posted by 花野菜 at 10:51| 花・木などの購入、育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローラ HB-101は植物エキスで土を元気にする、口コミで評判の天然植物活力液

今日は家庭菜園用の畑おこし・・といえばかなり広いのを想像してしまいそうですが、庭の小さな一角です。

昨年から生えっぱなしになっている雑草を抜いて、発酵鶏糞・発酵牛フン堆肥などをすき込んで、表面に軽く消石灰をまいて・・
畑づくりとして本当にこれであっているのかどうかわかりませんが、まあ何とかなるでしょう。

それにしても、昨年の秋の収穫が終わってからずっとほっておいた菜園コーナーは草引きが大変でした。
ドクダミ、スギナなどの根が這って、取り除くのに時間がかかってしまいました。
毎年こぼれ種で生えてくるカモミールも、花が咲いてかわいかったんですが、思い切って抜いてしまいました。
すっかりきれいになって、後は野菜の苗や種を蒔くだけになりました。今年も我が家の定番のトマト・ミニトマト・きゅうり・ナス・唐辛子・バジル・さやいんげん・青じそ・リーフレタス。
他にはプランターに植えっぱなしになっているネギとニラもあって、狭いながら結構な種類の野菜が育てられるものです。

カイガラムシのついていたブラックベリーや薔薇にも新芽が出る前に消毒をしておきました。
もうだめになったと思っていた木イチゴも思わぬところから新枝が伸びて白い花も咲いています。
昨年は3個だけ実のなったレモンの木に今年も花が咲くのか氣になります。
今年は広告で良くみかける植物活力剤フローラHB-101を使ってみたいですね〜。



posted by 花野菜 at 01:20| ガーデニング・園芸資材・肥料など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク